モダンな雰囲気とは

仕事をする時にもおすすめ

白や黒のインテリアで、部屋を統一しましょう。
するとモダンな雰囲気になり、大人っぽい印象を与えられます。
ソファーやカーテンは、柄がついていない無地のものが良いですね。
モダンなインテリアで室内をまとめることで、スッキリ見える面がメリットです。
カラフルな部屋は明るい気分になりますが、部屋が窮屈に見えてしまうデメリットがあります。

少しでも部屋を広く見せたい人は、あまり色を使わないインテリアがおすすめです。
また集中力を発揮したい時も、モダンな部屋をイメージするのが良い方法です。
シンプルな部屋だと気が散らず、いつまでも集中し続けることができます。
仕事を自宅に持ち帰ることが多い人は、仕事の部屋をモダンにしましょう。

モダンと相性が良い

日本ならではの雰囲気を大事にした良い人は、和をテーマにしてください。
今は和柄のインテリアもたくさん登場しており、洋室でもインテリアをまとめることで和風な雰囲気になります。
若い女性はピンクや赤など、華やかな和柄を選択すると良いでしょう。
男性や年上の女性は、シンプルな和柄にすると雰囲気が合います。
年齢や性別を選ばず、部屋のコーディネートを楽しめる面がメリットですね。

意外と、モダンと和は合います。
どちらの雰囲気にしようか迷って決められない時は、思い切って2つのジャンルを取り入れてください。
すると和モダンという、また新しいジャンルになります。
さらにオシャレな雰囲気を作り、部屋のコーディネートの上級者を目指しましょう。



TOP